MASAYOSHI SAIJO 西條昌良

茨城県議会議員[西條昌良]

  • 県民と明日を築く。

この5年間と明日を語る
県出資団体等調査特別委員長
財政再建へ陣頭指揮

  現在6期目の西條昌良県議会議員(神栖市選出)は今、3月に設置された県出資団体等調査特別委員会(出資調特)の委員長として、集中審議の陣頭指揮に当たっています。出資調特は、県行政を補完する県出資団体などの抜本改革や保有土地対策を「県財政の健全化」の視点から調査検討するため、前期の平成21年3月に設置されて以来、5年ぶり2回目です。今回は、前回の最終報告(平成22年9月)で提言した各数値目標の達成、改革の進捗状況と、今後のあり方について調査検討を行うため設けられ、西條議員は2回連続で委員長を任されました。
  全国の都道府県は、大半が厳しい財政事情を抱えていますが、特に本県は、県債残高が2兆円を超え、財源不足も恒常化し、“禁じ手”と言われる県債管理基金からの繰替運用による予算編成を余儀なくされるなど、財政再建は待ったなしの状況です。財政の有り様は、社会保障制度の堅持など県民福祉の向上に大きく関わることから、本県議会を代表する財政通の西條委員長が、年内を目処にどのような処方せんを取りまとめていくのか、県執行部も注視しているところです。 その一方で、西條議員は鹿島臨海工業地帯を抱える神栖市の代表でもあり、明日(あす)の地域づくりに寄せる思いは、人一倍熱いものがあります。今回は55歳で議長の座を射止めた以降の、八面六ぴの仕事ぶりにより、県政界の重鎮として地歩を固めた、この5年間にスポットを当てるとともに、山積する県政課題などについて、ざっくばらんに伺いました。

第2回定例会中の西條委員長
第2回定例会中の6月13日に開かれた県出資団体等
調査特別委員会の運営に当たる西條委員長

(コンビナートの再生)

Q
Q11. 鹿島臨海工業地帯を抱える神栖市はこれまで、いわゆる順風満帆でしたが、主力の石油化学など基礎素材産業は、産業構造の変化により地位が著しく低下しています。過日の新聞報道によると、中核企業である三菱化学が7月から、2基あったエチレンプラントの1基を停止し、1基体制での操業を始めたということですが、こうした動きについて、どのように考えていますか。
A
事業環境の整備を
最近、三井化学が平成28年末の工場閉鎖を発表するとともに、石油化学コンビナート製品の需要減退が流布されていましたので、大変心配していたそうです。何せ、鹿島臨海工業地帯の企業は、この地域の・・・
続きを読む

(悲願の神栖警察署が着工へ)

Q
Q10. 平成17年8月1日に神栖市が誕生して以来、西條議員も先頭に立って訴えてきた神栖警察署の建設がいよいよ始まりますが。
A
H28年度の開署目指し
神栖警察署は今年10月に建設工事に入り、平成28年度には完成する予定です。総事業費約17億円を投じて、神栖中央公園の一画約1万平方メートルの敷地にできますが、これにより、神栖市の治安体制が一気に改善され、安全・安心のまちづくりにつながるものと市民の皆様とともに期待を寄せています。
もっとみる

topics

2015年11月1日
議会報告主な活動フラッシュの各ページを更新致しました。
2015年10月26日
県政報告を更新致しました。
2015年3月12日
フラッシュのページを更新致しました。
2014年12月5日
ムービーのページに、「出陣式の様子」を掲載致しました。街頭演説の動画も毎日更新中です。
2013年11月15日
県政報告のページを更新致しました。
2013年11月7日
5年間を振り返ってを随時更新中です。
2014年11月7日
ホームページをリニューアル致しました。
2013年7月30日
議会報告主な活動フラッシュの各ページを更新致しました。
2013年7月16日
県政報告のページを更新致しました。トップページを更新致しました。
2013年7月14日
プロフィールのページを更新致しました。
2011年9月1日
県政報告のページを調整致しました。

地方創生特別委員会

雇用・企業誘致・税収・県債残高について、質問し、行財政改革について強く要望しました。

詳しくみる

県出資団体等調査特別委員会

 平成26年3月に茨城県議会、県出資団体調査等特別委員会の委員長に就任し、県政最大の課題である財政再建に取り組み、今後の取り組みについて提言をしました。

詳しくみる